生涯を楽しむための動き方

理学療法士による臨床・生活・予防・介護・子育てに役立つ身体の動きに関する情報がここにある

自分の衰えを感じなきゃ人は動かない

自分の衰えを感じていますか?

どれくらい衰えているか知っていますか?

 

ほとんどの人は高校生の頃が一番高いパフォーマンスを持っていたと思います

それ以降、運動・活動の量が激減するのと、

運動・活動の継続も激減してしまうため、

パフォーマンスは低下していってしまいます

 

自転車に乗らなくなり、歩かなくなり、

近くのスパーへ行くのも車で行くようになっていきます

 

ボール競技もほとんどしなくなり、

ジャンプもしなくなり、

本気で走ることはまずなくなっていきます

 

生活をみてみると、パソコン、特にスマホ病と言われるストレートネックが多く、

リラックスできる椅子・背もたれの椅子がほとんどなので、

もたれかかった座り方になっており、筋肉は使わなくなっていきます

 

そんな筋力も筋持久力も、柔軟性も、バランスも全て低下した頃

結婚し、子供ができ、ますますと自分の時間は減り、

低下していきます

 

そして今、20歳後半から40歳頃に頸椎由来・腰椎由来、

特に骨盤・股関節の機能が使えなくなっている方が非常に多くなっています

 

早めに(しびれなし)理学療法士にかかってもらえれば、

予防できる、改善できる場合が多いので、なるべくお近くの医療機関にかかりましょう

 

けれども理学療法士がいないところも、まだまだ多いので

そこは選ぶ必要があると思います

 

とにかく学生時代にやっていたことをやってみましょう

やったことがあることを、やってみると必ず衰えを感じます

 

では、衰えをどこで感じるのが一番良いかの案を次回お伝えします。

 

ここまで読んで下さいましてありがとうございました。