生涯を楽しむための動き方

理学療法士による身体の動きに役立つ情報がここにある

在宅勤務7割 在宅でできる簡単な運動⑤

さて、本日は在宅でできる簡単な運動⑤をお伝えしていきます

 

在宅でできる簡単な運動⑤:

腹臥位(うつ伏せ)で、お腹に枕などを入れる

この姿勢で腰椎前彎(腰の反り)、骨盤の過度な前傾(骨盤が前に傾く)を減らします

この腰の反りを減らすことがポイントです

この状態で、片脚ずつ膝を曲げた状態で、

太ももを天井に向かって挙げます(股関節の伸展)

片脚10回ずつ行います

これだけです

 

腹臥位(うつ伏せ)で行うことで、

腰椎から骨盤の前を通り、大腿骨につく腸腰筋や、

骨盤の下の凸から、膝前までつく大腿四頭筋を伸ばした状態になります

この伸ばした状態で行うのがポイントです

 

太ももを天井に挙げることで、

大殿筋を働かせることができます

 

この筋肉は大事ですが、結構、皆さん使えていないのですよ

この姿勢で、大殿筋が使えていないと、

高齢者像である前かがみの姿勢になってしまいます

 

年々、お尻がたるんできていたり、

小さくなってきていたりしませんか?

おそらく、大殿筋が使えていないですよ。

 

毎日、続ける価値はあります

必ずいい方向に向かうはずです

 

ここまで読んで下さいまして、ありがとうございました。

随時、更新していきますね。

 

よろしくお願いします。