生涯を楽しむための動き方

理学療法士による身体の動きに役立つ情報がここにある

これからのリハで大事なこと。

f:id:kenkouPT:20200918144651p:plain

 

これまでのクリニックの対象患者は、

疼痛、しびれ、転倒、骨折、交通事故、労働災害が大半を占めています。

 

前回の記事でお伝えしたように、

健康寿命を延伸させるという観点から考えると、

起きてからクリニックを受診するのは遅いと言えます。

 

現にクリニックで働いている身からすると、

疼痛、しびれ、骨折が起きてから介入しても、

緩和することはあっても、完治することは難しい場合が多いです。

 

加えて、入院まで行ってしまうと、

さらに健康まで戻るには難しい場合が多くなります。

 

だから、これからは、

 

f:id:kenkouPT:20200918144544p:plain

+なんかふらふら歩き

+なんか力が弱った

+なんか痩せた

+なんか元気が出ない

+なんか歩くのが遅くなった

+なんか転びやすくなった

 

など、なんか身体の動きが違うなぁくらいでいいので、

クリニック、病院を受診して

リハ介入、栄養介入、薬剤介入をしよう!!

 

f:id:kenkouPT:20200918145839p:plain

真の底の健康寿命を高めるには、

 

確実に大切なことです。