生涯を楽しむための動き方

理学療法士による身体の動きに役立つ情報がここにある

毎日、卵10個の摂取をして‼

我々の細胞は全てがたんぱく質アミノ酸)からできています

その細胞は毎日、合成と分解を繰り返しています

 

なのでたんぱく質摂取不足により、合成が追い付かなくなると、

細胞は機能が不十分になったりします

 

筋の場合は筋委縮や筋の伸張性性低下、収縮不全などマイナスへ

骨の場合は骨粗鬆症や骨折などマイナスへ

内臓の場合は内臓の障害になりやすくなっていきます

 

高齢者では毎食良質なたんぱく質を25~30ℊ程度摂取しなければ

骨格筋で有効なたんぱく合成が一日を通して維持できない可能性があると言われています。

 

1日のたんぱく質摂取量の推奨例は成人男性で60ℊ、成人女性で50ℊです。

牛肉なら300ℊ、卵だけなら10個、魚の切り身だけなら3~4切れに相当します。

 

エビデンスレベルでは、こう言われているのが現状です。

 

私個人の意見ですが、

最近、年をとるにつれ、

脂っこいものが吸収できなくなるのを実感しています。

こんなにも摂取することができるのでしょうか?

 

これを考えると、合成が分解に追い付いていない方が多いのでしょう。

できる限り、良質なたんぱく質をとるように心がけて下さいね。

 

栄養は難しいですね。

聞けば聞くほど、何が正解かわかんなくなってしまう自分がいます

 

まんべんなく、偏りなくっていうのが正解ですかね。

これがフレイル、サルコペニア予防には有効でしょう。