生涯を楽しむための動き方

理学療法士による臨床・生活・予防・介護・子育てに役立つ身体の動きに関する情報がここにある

理学療法士の評価・教育で大切なこと

f:id:kenkouPT:20200928150429p:plain

理学療法士の評価・教育で大切なこと

よく臨床ではTUGが何秒でしたとか

 

10m歩行が何秒でしたとか

 

だから日常生活が送れます

 

だから転ばずに生活が送れます

 

という理由付けをすることがあります

 

たしかにカットオフ値としては、そうなのかもしれません

 

研究のエビデンスとしては、どうなのかもしれません

 

エビデンスは数値で表さないとわかりませんから、数値であらわすことは大切です

 

誰にでも伝わりやすいです

 

けど、本当に生活が送れる強い根拠になるでしょうか?

 

結構、退院した方が、家に帰り再骨折で入院してくる場合が多いような気がします

 

言いたいことは、歩くのが速かろうが、遅かろうが量的な評価では根拠が弱い気がします

 

遅くても、しっかりと座る位置を確認し、ゆっくりと座れる方は

 

転ばず生活が送れることが多いです

 

TUGの中でも、劣っている部分、どういう動きをしているかなど

 

細かく評価していきましょう

 

個別にエビデンス質的な評価を混ぜ合わせながら、

 

評価をしっかりとしていきましょう。

 

そのうえで、劣っているところへアプローチしていきましょう‼

 

kenkoupt.hatenadiary.jp