生涯を楽しむための動き方

理学療法士による臨床・生活・予防・介護・子育てに役立つ身体の動きに関する情報がここにある

若年者の腰痛:腰部脊柱管狭窄症が増えている!!②

前回の記事ではプリンクという点滴について書きました。

こちらをご覧ください。

kenkoupt.hatenadiary.jp

 

プリンクで改善しない場合、

血管・血流由来のしびれ・疼痛ではないことが分かりました。

 

神経由来のしびれ・疼痛と分かったら、

部位を特定してしていくミエログラフィーという検査を行っていきます。

 

聞いたことありますか?

 

ミエログラフィーについて書いていきます。

 

f:id:kenkouPT:20201111161053p:plain

ミエロこと、ミエログラフィーってなんでしょう?

 

施行後、患者さんから、よく聞く言葉。

 

 

 

f:id:kenkouPT:20201111161105p:plain

痛いの?

 

どんな検査なのよ。

 

f:id:kenkouPT:20201111161122p:plain

 

脊髄の形状・交通性を診断するための臨床検査で、

脊髄、馬尾神経の圧迫病変の有無を評価します。

 

方法としては腰椎から造影剤を脊髄空内に注入し、

X線で拡散の様子を透視撮影します。

 

下の写真のように行います。

f:id:kenkouPT:20201111161135p:plain

 

写真のように侵襲を加えるので、

痛い場合があります。

 

痛いのは嫌だ!!

それでもこの検査でなければだめなの?

MRIではダメなの?

 

f:id:kenkouPT:20201111161203p:plain

そうです。

MRIでは診れないところが診れるのです。

 

背臥位の状態では、神経が圧迫されていない場合があります。

これだと、はっきりとわかりません。

 

そこでミエロを行うと、

脊椎の前屈位、中間位、後屈位など…

姿勢を変えて比較が行えます。

 

これは大きなことです。

 

これを参考にして、椎弓切除の範囲を決めることもできるのです。

 

下のスライドをご覧ください。

 

f:id:kenkouPT:20201111161215p:plain

ミエログラフィーではMRIでは分からない部分が分かるのです。

 

こんな検査です。

 

理学療法士としては、

病態・病巣と症状が一致するのか確認し、

臨床へ向かいましょう!

 

次回は神経ブロックについて書いていきますね。