生涯を楽しむための動き方

理学療法士による臨床・生活・予防・介護・子育てに役立つ身体の動きに関する情報がここにある

実習生必読!よくある座位の仮説検証!

”端坐位で体幹右側屈位”

臨床場面において、普段の生活において、

いろんな場面で遭遇します。

 

理学療法士ですから、すぐに姿勢や動作に目がいってしまうのです。

 

臨床場面では、

脳血管障害の患者さん、整形の患者さん、内部の患者さん、

フレイル・サルコペニアの患者さん…

色んな患者さんにこの非対称性な姿勢は見られます

特に脳血管障害の場合は、片麻痺で左右のどちらかに麻痺がでることにより、

筋肉のコントロールがきかなくなるために

非対称性の端坐位姿勢は出やすくなります

 

また、この非対称性の端坐位姿勢は、

臨床場面だけでなく、健常な方でも若年者でも多く見られます

 

では、なぜ、このような端坐位姿勢をとってしまうのでしょうか?

今回は、この非対称性の端坐位姿勢の問題点を

のように導き出すかを一緒に考えていきましょう。

 

実習生の方、新人理学療法士の方、また運動に携わるトレーナー等は必見ですよ。

では始めていきたいと思います。お付き合い下さい。

 

 

f:id:kenkouPT:20210510052425p:plain

上のスライドのように、端坐位で体幹右側屈位の患者さんがいるとします。

皆様だったら、どう考えますか?

どうして身体が右に傾いているの?

 

f:id:kenkouPT:20210510052439p:plain

なんでだろう?

私自身はスパーバイザーを多く経験していますが、

実習生がよく考えてくる問題点で多いのは、

下のスライドのように、

体幹右側屈位の端坐位

です。

 

f:id:kenkouPT:20210510052458p:plain

でも、

体幹右側屈位の端坐位は、見た目の現象であり、

この言葉(姿勢)自体は問題とはなりません。

 

まずは患者さん自身の主訴が大事です。

「右に傾いていることが違和感」

「右に傾いていることで端坐位がとれない」等が前提となります。

この前提がある場合、

右側屈位の端坐位がどうして起こっているのかを仮説を立て、

その仮説を一つ一つ検証していくことで、真の問題点がようやく抽出されます。

さらに言うのであれば、

例えば、この姿勢が食事動作の遂行を妨げている場合は、

問題の優先度は格段に高くなります。

 

では、どうすればいいのだろうか?

 

f:id:kenkouPT:20210510052509p:plain

まずは、体幹右側屈位の端坐位姿勢は

どうして起こっているのか?

考えられることを羅列してみましょう。

ここで大切なことは難しい言葉で書く必要はありません。

見たまま、思ったままを紙に書いていきましょう。

私のやり方は、付箋に思ったことを、どんどん、どんどんと

羅列していきます。

 

f:id:kenkouPT:20210510052519p:plain

羅列していくと、

体幹での仮説が上のスライドのように、5個挙がりました。

 

f:id:kenkouPT:20210510052528p:plain

そして臀部・下肢の仮説が4個挙がりました。

まだまだ、たくさん考えられることはあると思います。

ただ、この時点では仮説ですから、問題点ではありません。

問題点は仮説を検証して、検証されて初めて問題点と言えるのです。

 

では、仮説を検証f:id:kenkouPT:20210510052536p:plainしていきましょう。

 

f:id:kenkouPT:20210510052545p:plain

上のスライドをご参照下さい。

仮説検証Ⅰ:

体幹右側屈位の端坐位の体幹を、ハンドリングで垂直位にしてみましょう。

抵抗があるか、ないかをみる必要があります。

抵抗がない場合は、左側腹部の求心性収縮が弱化している可能性が考えられます。

ここで、今度は、ハンドリングで左側腹部の求心性収縮を作ってみましょう。

これで垂直位をとれるのであれば、

ようやく、左側腹部の求心性収縮の弱化が問題点と言えるようになります。

加えて、このハンドリングにより、食事動作の遂行が円滑になった場合は、

優先度の高い問題点と言えます。

よって、

f:id:kenkouPT:20210510052555p:plain

問題点としては、

#左側腹部の求心性収縮の弱化による体幹右側屈位の端坐位が

食事動作の遂行を妨げている

とすることができます。

どうですか?

意味わかります?

 

ようは、

体幹右側屈位の端坐位の姿勢自体は問題ではなく、

その体幹右側屈位の端坐位は”なぜ”起こっているのかを検証しなければなりません。

”なぜか”を何度も何度も検証して、改善する傾向が見られたら、

それが真の問題点と言えるのです。

 

今回の場合だと、

ハンドリングにて、左側腹部の求心性収縮を作ってみる。

これで体幹が垂直に戻るならば、ここに問題がありそう。

だから、アプローチとしては、

左側腹部の求心性収縮を高めるようなことをするのです。

で、実際に体幹垂直位をとれるようになるのならば、

真の問題点であったとできるわけです。

 

わかりますか?

問題点の抽出って、仮説をまずたくさん挙げられるかが大切で、

かつ、その仮説を検証していく作業が必須になるわけです。

 

f:id:kenkouPT:20210510052604p:plain

上のスライドをご覧ください。

次の場合はどうでしょう?

 

仮説検証Ⅱ:

体幹右側屈位の端坐位の体幹を、ハンドリングで垂直位にしてみましょう。

抵抗があるか、ないかをみる必要があります。

抵抗がある場合は、

①左への重心移動が嫌または不安

 重心を右に残したまま脊柱を修正する方向へと  誘導した際に右側腹部が伸びれば、左側に何か嫌なものか不安がある→左に問題がありそう

②右側腹部の伸張が嫌または不安

 どんな場面も右側屈位である→右に問題ありそう

各左右の問題点疑いを、ハンドリングや環境を変えてみて、

改善すれば、ようやく問題点と言えます

 

①の場合、

左で重心を取りたくない要因はなんなのかを考えなければなりません。

その嫌なこと、不安なことを

取り除くようなハンドリングや環境で変化をみてみましょう。(これが検証)

 

②の場合、

右側腹部の伸長が嫌な要因はなんなのでしょうか?

これを一つ一つ検証していきましょう。

 

 

f:id:kenkouPT:20210510052612p:plain

 

実習生、新人理学療法士のうちから、

こういう癖をつけておかないと

なー、なーの療法士になってしまいます。

 

理学療法士には色んな手技がありますが、

その手技をやっていれば万能だと言う手技はないと考えています。

 

ようは基本をしっかり押さえ、

まずは難しいことは考えず、

見たまま(現象)を大切に、

その現象がなんで起こっているのかの仮説を立て、

その仮説を一つずつ検証していく作業が必須となるわけです。

 

仮説が検証された問題点が真の問題点なのです。

 

検証なき、問題点はありません。

 

わかりましたか?

なんとなくでもいいから、わかっていただけたら、

この記事の価値はあるなと思います。

 

理学療法士って楽しいですね!!

楽しいですよ!!

 

高校生の皆さん、理学療法士目指しませんか?

実習生の皆さん、実習頑張れー!

新人理学療法士の皆さん、必死に考え、患者さんに向き合いましょう。

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

良ければお気に入り登録をよろしくお願いします。

コロナウイルスワクチン接種後の疼痛について

コロナウイルスパンデミックになり、

1年半が経過しようとしています。

まだまだ、感染は止まりそうもないので、

できる感染対策を引き続き、行っていくしかありません。

 

行動制限を含め、感染対策が大変ですけど、

みんなで乗り越えましょう。

 

近況として、

コロナウイルスワクチンの接種が

医療従事者、高齢者と進んでいます。

まだまだ、行き渡っていませんが、

着々と進んでいく予定と報告されています。

 

私自身は理学療法士であり、

医療従事者にあたりますので、

1回目のワクチン接種を一足早くさせていただきました。

皆様には、感謝申し上げます。

今回は先行接種した経験を踏まえ、

接種後の疼痛について

理学療法士的に考えてみたので

このブログで書いていこうと思います。

 

さて、コロナウイルスワクチン接種の副反応について、

厚労省より報告されています。詳細は下記URLをご覧ください。

新型コロナワクチンの接種後の健康状況調査|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

f:id:kenkouPT:20210505051900p:plain

上のスライドをご覧ください。

接種部位の副反応として、

発赤、腫脹、硬結が10%程度の方にみられ、

約1週間で改善するとされています。

 

f:id:kenkouPT:20210505051919p:plain

次に上のスライドをご覧ください。

同じように接種部位の副反応として、

疼痛、熱感、かゆみが報告されています。

やはり、熱感、かゆみは10%程度ですが、

疼痛は90%の方に出現しています。

疼痛の出現率は相当高いようです。

 

f:id:kenkouPT:20210505051945p:plain

では、どうして接種部位の疼痛は起こるのでしょうか?

 

f:id:kenkouPT:20210505052003p:plain

コロナウイルスワクチンは筋肉注射です。

インフルエンザワクチンとは違い、皮下注射ではありません。

注射をを打つ場所は三角筋中部線維です。

外から触れることができる大きな筋肉です。

 

f:id:kenkouPT:20210505052015p:plain

三角筋中部線維は

肩関節を外転するときに最も使う筋肉です。

外転とは、肩を外側に挙げていくことです。

 

f:id:kenkouPT:20210505052029p:plain

だから、コロナウイルスワクチン接種後は、

肩を外側に挙げていくときに、

疼痛は最も強く出現します

 

f:id:kenkouPT:20210505052041p:plain

また、肩を外側に挙げていかなくても、

押すことで疼痛は出現します。(圧痛)

 

f:id:kenkouPT:20210505052054p:plain

これらの肩を外側に挙げた時の疼痛や、

押したときの疼痛(圧痛)は1週間程度で改善すると報告されています。

 

f:id:kenkouPT:20210505052107p:plain

上のスライドは私自身の接種部位疼痛の変化を表しています。

疼痛最大を10、疼痛なしを0とした場合とします。

肩を外側に挙げる痛みは、接種日から5日目くらいまでは残りました。

痛みの強さは8~10と強い痛みで、肩を挙げる度に、

”いたー”と声が出てしまうくらいでした。

 

一方、押したときの疼痛(圧痛)は、

1週間経っても残り続け、

2週間で、ようやく消えました

結構、長引きました。

こちらも痛みは強かったです。

 

f:id:kenkouPT:20210505052118p:plain


私自身としては、

インフルエンザワクチン接種よりも
コロナウイルスワクチン接種の方が、

疼痛は強く出現しました。

だけど、2週間程度で完全に消えるので、

接種部位自体の疼痛は問題ないでしょう。

 

今後、接種が進んでいきます。

疼痛について、この記事が少しでも役立つと幸いです。

 

最後に、

気になることは、肩が痛い人(肩関節周囲炎や腱板損傷など)が打つ場合は、

注意が必要かもしれません。

子供のしゃっくりを改善させる方法

f:id:kenkouPT:20210306032142p:plain

子供の頃、しゃっくりが止まらなくなった経験はありませんか?

子供に限らず、大人になり、泣くことがあり、しゃっくりが止まらなくなった経験はありませんか?

そんなしゃっくりを止める方法について考えていこうと思います。

 

私は理学療法士であり、普段、臨床で呼吸器の障害の患者さんを担当しています。

この呼吸器への知識・技術を日常生活(普段)で使わなければ、損だと思います。

理学療法士によくあるのが、病院から出たら、普通の人。

私はこれが、すごく嫌でした。

病院で入院した患者さんしか相手できない弱さ。

医師がいないと患者さんを相手できない弱さ。

家族や身の回りで起こる、腰痛、膝痛、靭帯損傷、姿勢の悪さ、歩きにくさ、運動機能低下…などなど、近くで起こっているのに、何もできない弱さ。

子供が膝痛い、祖母が腰痛い…

そういっても、対応できない能力の低さ・弱さ…

これが嫌で、病院勤務14年で終止符をつけ、街へ飛び出す決意をしたわけです

理学療法士の知識・技術ほど、日常から使える(健康増進のために使える)良いものって、なかなかありませんよ!!

これをもっと普段から、日常から使っていかないと損ですよ。

 

病院だと対象は患者さんだけ。

病院の外に出ると、対象は一気に広がるよ。

だって、患者さんという枠組みが外れると、

そっこらじゅうで、痛み、姿勢不良、運動機能低下、持久力低下…

まずコンディショニングが低下している人は山ほどいます

 

ぼくらにとって大事なことは、

理学療法士のもっている知識・技術を一般的に発信していくこと。

病院に行かないといけなくなる前に、改善させれることは山ほどある。

なるべく早く、生活の中で悪いところを発見できるようにです。

 

 

話しが長くなりましたが、

呼吸器の知識を入れ、簡単にわかりやすく、

しゃっくりを改善させる方法を書いていきます。

 

 

f:id:kenkouPT:20210306032132p:plain

まず、通常の吸気と呼気です。

息を吸う時に、横隔膜が収縮し、酸素を取り入れます。

息を吐く時に、横隔膜が弛緩し、二酸化炭素を出します。

 

f:id:kenkouPT:20210306032157p:plain

これが、

しゃっくりの時は、

息を吸うばかりで、横隔膜のけいれんが起こります

息を吐いていないため、横隔膜が弛緩できなくなっています

 

f:id:kenkouPT:20210306032208p:plain

しゃっくりは横隔膜がけいれんした状態ですので、

横隔膜を弛緩させるために、

強制的に息をゆっくりと吐くことで、横隔膜を弛緩させるのです

 

これやってみて下さい。

失敗しても、諦めずに5~10回くらい強制的に呼気をすれば、

だんだんと横隔膜が弛緩されていきますよ

ボレーシュートの難しさ→臨床応用

皆様、ボレーシュートをしたことありますか?

 

あると答えた方は思い出してみてください。

ないと答えた方はイメージしてみてください。

 

f:id:kenkouPT:20210303013604p:plain

ボレーシュートは、

ボールの重心を感知し、自分の重心を整える必要があります。

 

f:id:kenkouPT:20210303013550p:plain

バッティングは、

ボールの重心を感知し、自分の重心を整える必要があります。

また、バットの重さ、重心を感知し、利用する必要もあります。

 

さて、

”ボール重心を感知し、自分の重心を整える”と、

簡単に言いましたが、

これは簡単なものではありません。

 

頭で考えてできるものではありません。

頭で考えないで、感覚的に何回も練習すると、

身体が覚えてくれるものです。

ボディイメージ、ボディスキーマを高めるわけです。

無意識的にボールをとらえることができるようになるのです。

 

この時の脳の中はというと、

頭頂葉がいかに統合してくれるかでパフォーマンスは変わってきます。

 

また自分のペリパーソナルスペースが広いほど、

パフォーマンスが高くなるのです。

 

とにかく、パフォーマンスを上げるには

練習の繰り返ししかありません。

近道はありません。

 

こういうと過酷な練習をしたほうがいいと思いがちですが、

私は、そうは言っていません。

 

自分より遠い空間で、物をとらえる

自分より遠い空間で、ボールをとらえる

そのボールをとらえる際、手でとらえるのか、ラットやバットでとらえるのか…

これだけでも内容は変わってきます

 

多くやる必要はありませんが、

毎日、継続して行うことが大切です。

 

うちの子供には、毎日必ず1回は、

家の中で遊び感覚で、ボールを投げて、蹴り返してもらったり、

ボールを投げて、段ボールバットで打ち返してもらったり、

紙風船を投げて、バレーをやったり…しています

 

そうすると、

ボディイメージ、ボディスキーマが高まり、

無意識動作が増え、

ペリパーソナルスペースが拡大し、

パフォーマンスが明らかに向上しました。

 

実は始める前は、運動音痴だったんですよ。。

 

やっぱり、これです。

やるかやらないか”それだけです

子供のうちは親が”付き添うか付き添わないか”それだけです

ロコモ・フレイルの患者さんにも同じことが言えます。

私の理学療法では、ボールがたくさん使われます

ペリパーソナルスペースが拡大することは、

転倒しない身体動作へ近づくからです!!

 

やっていないものは、できるわけがありません

安全をとっていて、転倒しない身体にはなりません

 

頭頂葉で統合するまでに達しませんから…

 

これらを書いた記事が過去にありますで、

貼っておきます。ご参照下さい。

kenkoupt.hatenadiary.jp

kenkoupt.hatenadiary.jp

kenkoupt.hatenadiary.jp

kenkoupt.hatenadiary.jp

kenkoupt.hatenadiary.jp

kenkoupt.hatenadiary.jp

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

究極の身体 (講談社+α文庫) [ 高岡 英夫 ]
価格:968円(税込、送料無料) (2021/3/6時点)

楽天で購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

肩甲骨が立てばパフォーマンスは上がる! [ 高岡英夫 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/3/6時点)

楽天で購入

片足立ちバランスは簡単ではない

さて、今回はなんだかんだ大事な機能である、バランスについてです。

 

現在、私はクリニックに勤めているのですが、

整形疾患でリハビリテーションの対象となった患者さんのほとんどが

バランスが悪いのです。

 

逆に言うのならば、

バランスが悪いから整形疾患になりやすいと言っても過言ではないくらい多いのです。

 

これは大人、高齢者だけの話ではありません。

ロコモ・フレイルだけの話でもありません。

子供もです。

 

で、そのバランスを向上させるのは、

簡単ではありません。

 

なぜなら、前回お伝えしたように、

様々な情報を頭頂葉で統合して行う機能だからです。

kenkoupt.hatenadiary.jp

 

そして、統合した結果がバランスに出てくるわけです。

 

f:id:kenkouPT:20210303013617p:plain

実際にはこれだけではないですが、

視覚や前庭感覚、そして足底感覚を頭頂葉で統合し、

バランス機能へ反映されます、

 

すべての情報がバランス機能へ良い情報を与えてくれれば、

バランス機能は良いのでしょうが、

1つでも悪い情報を与えたならば、

バランスは良くはなりません。

 

バランスを良くするには、

片足立ちを練習し、とにかく失敗も繰り返すことが大切です

 

頭頂葉のレベルで無意識的に行えるようになるまで練習します

とにかくやるしかありません

 

やっていない期間が長いとできなくなっています

 

やるかやらないか”です

ただ、それだけです

 

片足立ちは、

できれば、

膝を曲げて、大腿四頭筋で支えるのは避けたいです。

時には必要ですが、

この支え方を覚えると、骨盤・股関節の使い方が下手になってしまいます。

 

膝は伸ばして(四頭筋は力抜く)、

股関節に荷重・支持が乗るようにし、

大殿筋・中殿筋でささえることが大切です!

 

そうすると骨盤・股関節の使い方が上手になりますので、

これはおすすめですよ。

これは臨床での多くの経験していることなので、

信頼性は高いです!

 

骨盤前傾後傾、股関節屈曲・伸展思うようにできない方は、

膝か腰が痛くなりやすいです

 

膝と腰は不安定な関節ですので、

そこに負担をかけるべきではありません。

 

だから、片脚立位の際も、骨盤・股関節が使えるように支持することが大切ですよ。

 

くどいぐらい言いましたが、本日はここまでにします。

ご質問がありましたら、お気軽にして下さい。

 

 

バランス機能を高める最強アイテムです

当クリニックでも使用しています

 

 

この上で、このように片脚立ちをします。

f:id:kenkouPT:20210305014849j:plain

これができれば、

次は、

裏返しにし、丸い部分を下にし、

黒い平らな部分に乗り、片脚立ちをします

 

これができっるようになると、

全身に変化が現れてきますよ

 

急に痛みがとれたり、

身体が柔らかくなったり、

身体自体が軽く感じたり。

 

これ本当です。是非、一度行ってみる価値はありますよ!!

プライバシーポリシー お問い合わせ