生涯を楽しむための動き方

理学療法士による身体の動きに役立つ情報がここにある

SPPBを知ってる?

前回お伝えしました

2019年に改訂したサルコペニア診断基準の

身体機能に含まれているSPPBについて記事を書いていこうと思います。

f:id:kenkouPT:20200830012942j:plain

SPPB英語

原著の評価表はこれです。

訳して使用して下さい。

とは言いません。

 

SPPB(short physical performance battery)は、

National Institute on Aging(NIA)によって開発され、 1994 年に発表された高齢者の下肢機能の評価バッテリーです。1)

 

ほとんど器具を必要としないで、

短時間でバランス、歩行、筋力が評価できるメリットがあります。

 

論文にもたくさん使われている評価方法ですので、

エビデンスレベルも高い評価となります。

 

この機会に是非、覚えていただき、臨床や地域で使用して頂けたらと思います。

ただ、評価というものはやり方が間違っていては、もちろんいけません。

 

しかし、現実的に間違って使用されていることを多くみかけます。

ここで正しい方法をご紹介していきます。

 

1.バランステスト

 閉脚立位>10秒→セミタンデム立位>10秒→タンデム立位>10秒

 ※実施者は開始時、姿勢のセッティングをしても良い

 ※各立位で10秒>ならば、次は歩行テストへ移る

 (得点)

順に実施し、

閉脚立位10秒できれば1点でセミタンデム立位へ できなければ0点で歩行テストへ

セミタンデム立位10秒できれば1点でタンデム立位へ できなければ0点で歩行テストへ

タンデム立位10秒できれば2点で歩行テストへ 3秒できれば1点、できなければ0点

各項目10秒できれば最大4点

 

2.歩行テスト

 4m歩行のタイムを測る

 ※横線の上に立位をとった姿勢からスタート

 ※速さは、いつも通りの速さで、速く歩いたりはしない

 ※4mの線をまたいで着地したところのタイムとなる

 ※4mの位置で止まらないように駆け抜ける

 ※2回測定し、速いほうを採用する

(得点)

 <4.82秒  4点

 4.82-6.20秒 3点

 6.21-8.70秒 2点

 >8.71秒  1点

 

3.椅子からの立ち上りテスト

 5回起立・着座のタイムを測る

 ※背もたれ付きの椅子を用意する

 ※胸の前で両腕を組む

 ※椅子にもたれた状態から始める

 ※きちんと最後まで起立をする

 ※5回目は起立で終わる 完全起立をしたまでをタイムとする

(得点)

≦11.19秒    4点

11.20‐13.69秒  3点

13.70‐16.69秒  2点

 >16.7秒    1点

>60秒     0点

 

合計12点満点で、

0-6点を低機能

7-9点を中等度機能

10-12点を高機能

 

と評価する。

 

簡単に評価できるので、一度行ってみて下さい。

で、理学療法士はここからです。

低機能だから、どうすれば挙がるのか?

高機能でも、本当に大丈夫?

など、ここからは個別性の理学療法を行いましょう。

 

<参考文献>

1)Guralnik JM,et al:A short physical performance battery assessing lower extremity function: association with self-reported disability and prediction of mortality and nursing home admission.Journal of Gerontology Vol.49 No.2:M85-M94,1994