生涯を楽しむための動き方

理学療法士による臨床・生活・予防・介護・子育てに役立つ身体の動きに関する情報がここにある

脳血管障害のサルコペニアの特徴

f:id:kenkouPT:20200928054436p:plain

脳血管障害サルコペニアの特徴

つまり、脳血管障害になると

 

速筋比率が高まるため、

 

軽い力で素早い動きしか行いづらくなるということ‼

 

力強く、ゆっくりと安定感のある動作ができなくなる。

 

だから、勢いで歩くことはできても

 

勢いで立つことはできても

 

勢いで御飯は食べられても

 

どことなく安定感がない

 

ゆっくりと安定感のある動作ができない

 

持久性に欠けるため

 

持続した活動量も行えなくなる

 

確かにそうですよね 納得しませんか?

 

だから、臨床では勢いに頼る運動はやらせてはダメです

 

これで、理学療法士が”いい歩き方”ですねと言ってしまったら

 

患者さんは”これがいい歩き方”なんだと覚えてしまう

 

てことは、ずっと勢いに任せた歩きになってしまうってことです

 

勢いに任せると何がいけないっていうと、

 

2次障害がでてきます

 

関節障害だったり、筋の障害など、軟部組織の障害が…炎症

 

これで歩行できなくなることがあるので、注意しましょう‼

 

だから、得意ではない、ゆっくりとした動作の練習をしていきましょう

 

量よりも質です

 

個別に動作をしっかりとみて、

 

一つ一つ丁寧に、アプローチをして行きましょうね‼

 

臨床で思ったことを、研究で考察してみると

 

すごく楽しくなってきますよ。

 

ここまで読んで下さいまして、ありがとうございました。