生涯を楽しむための動き方

理学療法士による臨床・生活・予防・介護・子育てに役立つ身体の動きに関する情報がここにある

腰部脊柱管狭窄症の鑑別および理学療法

前々回までは

脊柱管狭窄症の治療と検査について書きました。

触り程度で、わかりやすいように書いたので、

物足りなさもあるかもしれませんが、

臨床ではこの程度知っていれば良いと思います。

 

では、本日は、

腰部脊柱管狭窄症の鑑別

および理学療法についてのエビデンスについて

書いていこうと思います。

 

f:id:kenkouPT:20201113145825p:plain

脊柱管狭窄症はどんな症状があるのが特徴でしょうか?

鑑別するのはどうすれば良いでしょうか?

 

そうです。

 

f:id:kenkouPT:20201113145839p:plain

脊柱管狭窄症①

座っていれば痛みを感じません。

腰をかがめると痛みは改善します。

そして、歩行時に開始痛が増強します。

これが主です。

歩行時に下肢痛が増強しなければ、腰部脊柱管狭窄症の可能性は低いと思います。

 

歩行時の下肢痛が増強する症状があり、

腰部脊柱管狭窄症と診断されたら、

リハビリテーションの処方がでるかもしれません。

 

ところで、理学療法は有効なのでしょうか?

有効だとしたら、どういう風にすると有効なのでしょうか?

 

こちらのスライドをご覧ください。 

f:id:kenkouPT:20201113145853p:plain

脊柱管狭窄症②


 腰部脊柱管狭窄症診療ガイドラインによると、

GradeC:

腰部・臀部痛や下肢痛については、理学療法運動療法の組み合わせは有効である。

コルセットを用いることで、歩行距離の延長と疼痛軽減を得ることが可能である。

としています。

 

しかしながら、

GradeⅠ:

理学療法単独や

マニピュレーション、牽引、低周波はまだエビデンスは不十分であります。

 

だけど、これは外来において、よく行っていることですよね。

ただ臨床経験上は、改善効果がある方はいます。

おそらく、疼痛部位の特定ができているかがポイントかと思います。

特定できていて、物理療法機器を最大限に活かすことができる療法士がいれば、

改善効果は期待できます。

 

物理療法機器を使えきれない療法士が多すぎると思います。

何も知らないのに効果がないという前に、

使いこなせるようになってから、言いましょう。

 

まずは自分でやってみましょう。

結構鎮痛効果があると感じますよ。

 

さて話を戻します。

 

理学療法効果の報告はどんなことがされているのでしょうか。

 

少し見てみましょう。

 f:id:kenkouPT:20201113145905p:plain

脊柱管狭窄症③


 理学療法の効果は持続しない

自己での改善は難しい

免荷で動き、超音波かけると

疼痛緩和できそう

 

まとめると、

脊柱管狭窄症自体は改善できない

生活背景を探り、姿勢、動作、筋力、バランスの視点から予防する必要があります

 

脊柱管狭窄症には姿勢・動作の改善は必須ですよ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン(2011) [ 日本整形外科学会 ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2020/11/14時点)


 

一度、脊柱管狭窄症のガイドラインを一読しましょう。


 

コルセットをして、再発予防が大事です。 悩んでいる方は一度、はめてみて下さい。